準備

パソコンの梱包方法は注意が必要です!データ消滅時の保証無し

 

引っ越しをする際、特にパソコンのような機器類に関しては、繊細な作りとなっていますので持ち運び後に壊れてしまうということも少なからずあります。

 

 

このような場合の梱包方法などについてもある程度注意しておくべきです。

 

例えば転居の予定がある場合にはパソコン本体が入っていた梱包資材をそのまま取っておくというのもあらかじめ考えておくべきことです。

 

専用の梱包資材であれば、パソコンを傷つけることなく搬送することができます。
(そのまま詰めてそのまま送れば問題は無いでしょう。)

 

ですが、パソコン専用の梱包資材を持っていない場合には、自分で改めて梱包資材を用意しなければなりません。

 

 

パソコンが十分に入ると思われるダンボールを用意し、エアクッション、発泡スチロール、エアキャップ(いわゆる緩衝材)などを用意して下さい。

 

底面には衝撃が伝わらないように緩衝材を敷きつめ、またパソコン周りには本体が動かないようにしっかりと梱包することが大切です。

 

 

詰めた後に音がゴトゴトしないか確認をして下さい。

 

また、引っ越し後にデータが失われるなどのトラブルが出る場合もありますから、あらかじめバックアップしておく必要性もあります。

 

 

データ等についてもデータ移行用のソフトなどもありますから、これを利用することも大切です。

 

また、こういった繊細な機器類に関しては、梱包の後に、要注意機器類・パソコン、また天地無用シール(逆さまにしてはいけない意味)などをダンボールの上に掲載しておくとより安全です。

 

最後になりますが、データ等の消失は保証対象になりません。

 

データに価値を付ける事は出来ませんし、また本当にあったのかを証明するのも難しいのでご注意ください。

 

本体を転居先で設置した後は、すぐにでも必ず電源を入れてきちんと動作するかの確認を行うようにして下さい。